-社長挨拶-

代表取締役社長 野上祐一郎

私たち株式会社日本ビジネスエンジニアリングは、1981年の創業以来、情報システムの設計・構築に従事し続け、技術力を向上させ続けてきました。その過程で幾多の困難を乗り越えながら今日に至ることができましたのも、日立グループ各社様を始め、多くのお客様や、取引先各社様からの多大なるご支援、ご協力の賜物と、深く感謝申し上げます。

現在、全産業において、過去に経験したどの時代よりも変化の激しい時代を迎えています。 スマートデバイスの普及に端を発し、ヒトの行動データやIoTによるモノのデータが、大量に収集できる環境が実現しています。 ビッグデータと呼ばれるそれらのデータが、AIによる効率的な解析を通じ、シームレスに活用されるようになっていく時代の岐路に立つ中で、私たちは、今まで培ってきた技術力を礎に、新たな時代に適応し、世の中により良い価値を提供するための努力を重ねています。

このような変化が激しい時代でも、世の中における「物事の道理」は変わらぬものであると私たちは信じています。我々にとっての「道理」とは、「すべては人である」、という原則です。システムやサービスには諸々の形がありますが、それを最終的に利用されるのはお客様である「人」であり、それを提供する我々も「人」である、という考え方です。

弊社の経営方針は、目先の浮利を追わず持続的に社員が成長を重ねる事にあります。社員が生き生きと働ける環境を作り、スキルと意欲を高めてくれる事が、社会に必要とされ、お客様に価値を提供できる企業であり続けるための、一番の近道であると信じているゆえです。

社員の一人一人が謙虚さと感謝の心を忘れず成長し、人として正しくあること。そして、IT事業を通じて、より良い社会を築き、次世代に繋ぐこと。これこそが、社会への最大の貢献であり、大切な人を幸せにすることに繋がる道だ、と信じています。

今後とも、社会とお客様に必要とされるよう、専心努力して参りますので、何卒変わらぬご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社  日本ビジネスエンジニアリング

代表取締役社長野上  祐一郎